MENU
電子書籍サービスおすすめランキング
【期間限定】プロミスシンデレラが4冊無料+全巻半額詳しく読む

初×婚【最新話】26話ネタバレ最新話の感想!初の誕生日と涙!紺からのプレゼント

2021年6月3日(木)発売の「集英社りぼん」に掲載されている大人気漫画「初×婚」26話のネタバレ最新話と感想をお届けします!

前回は、初と紺が2年生に進級して最初の試験を受けました!

パートナーのチェンジという課題に取り組み、二人の絆を再確認し合った初と紺です♡

次はどんな試練が二人を待ち受けているのでしょうか?

さっそく、「初×婚」26話のネタバレと感想を見ていきましょう!

実際にまだ読んだことのない人は、コチラから無料で読めますので、ぜひお試しください。

目次

初×婚【最新話】26話あらすじ内容を紹介!

以前の内容を忘れてしまった方は、こちらの記事から内容を確認頂けます。

紺の苦手なこと

実は紺にも苦手なことがあります。

バスケットボールでその運動神経を披露する紺に、周囲の生徒は『完璧な人だよね』と絶賛。

しかし紺は自分など完璧ではないと思うのでした。

何故なら紺の苦手なものとは〝誕生日イベント〟

明日は初の誕生日だったのです。

初にプレゼントを用意していない紺

紺が誕生日を苦手に思う理由は、何もしないと勝手に怒る人達がいる面倒なイベントという認識が強いからです。

もちろん初がそんなタイプだとは思っていません。

念のために欲しいものなど尋ねましたが、初は両親からの手紙だけで十分だと笑うのでした。

初の両親は亡くなっていますが、二人は初が生まれたときに20歳までのバースデーカードを用意していたそう。

それを読むのが楽しみなのだと語る彼女に、紺も(俺の出る幕はないな)と思うのでした。

周りに愛されている初

しかしそれを許してくれないのが周りの生徒でした。

彼女の誕生日に彼氏が何もしないなどあり得ないと憤慨し、宇貝に至っては「殺す」とまで呟く始末。

そのため、彼等は午後の結婚科だけの特別試合で勝負をしようと紺に持ちかけるのでした。

自分たちが勝ったら、初に誕生日プレゼントを用意すること。

そう張り切る結婚科のメンバーたちに、紺は自分の彼女が心底愛されていることを知りました。

結婚科のウォーターボールバトル

午後の試合は水上試合でした。

透明の大きなボールの中に入って、他のチームを外に押し出す競技です。

張り切りほかのメンバーを見ながら、初は紺に勝ちましょうね!と拳を握り締めます。

自分たちが勝利してしまったら紺から誕生日プレゼントが貰えない初なのですが、彼女はそんなこと露も知りません。

初の可愛さにドキドキの紺

足場の悪いボールを操作しながら、他のメンバーの攻撃を躱すのは至難の業です。

転倒してしまった初を押し倒す形になった紺ですが、初はそれに顔を真っ赤にしてドキドキしますねと呟くのでした。

紺はそれに表情を殺しながら、(俺の台詞だよ)と思うのでした。

初の誕生日を祝ってやりたい紺

紺もなにとて、初の誕生日を祝いたくないわけではありません。

今まで色んなことがあったからこそ、何とかしてやりたいという気持ちもあります。

しかし誕生日に読む両親からの手飼いが、今の初にとって唯一の〝両親と過ごせる時間〟なら、その願いを叶えてやりたいとも思うのでした。

恐らく初のことだから、0時ぴったりに開いて、何度も何度も読み直すんだろうなぁと想像します。

毎年の楽しみなんだろうなと思いながら、紺は去年の初の誕生日を思い出しました。

そこではっとした紺。

試合中にも関わらず動きを止めてしまいます。

勝負は引き分け!

水上バトルの試合は引き分けでした。

悔しがる宇貝たちでしたが、紺は誕生日を祝うのが苦手だとか言っている場合じゃなかったと意見を変えます。

紺は彼氏として、初の誕生日を祝う決心がついたのです。

初の誕生日と両親からの手紙

紺の予想通り、初は0時直前に手紙を読むと自室へ上がっていきます。

明るい初の表情を見ながら、紺は彼女を引き留めました。

そして読み終わるまで一緒にいたいと言った紺に、初は戸惑った顔をします。

紺くんがそんなことを言うなんて珍しいと呟きながらも、初は謝りました。

どうしても一人で読みたいのだと言う初に、紺は去年の初の誕生日を思い出します。

毎年誕生日に泣いている初

去年、紺は初の誕生日を祝いませんでした。

まだそれほど仲良くなかったこともあり、特別その必要性を感じなかったのです。

しかしその日は、明るくうるさい初がやけに静かでした。

当時は気が楽だと思っていた紺でしたが、今になって思えばあの日初は泣いていたのだろうと検討をつけます。

亡くなった両親からの手紙を読み、一人声を押し殺して泣いていたのであろう初。

嬉しいはずの手紙ですが、その分寂しかったはずだと紺は思うのでした。

一人で初を泣かせたくない

紺を拒絶する初ですが、紺はその手を離しません。

宇貝に昔、初を泣かすなと言われた紺です。

そんなの保障なんてできないと思っていた紺ですが、これだけは決めたと初に告げるのでした。

一人では、もう二度と泣かさない。

俺は彼氏だから――そう言った紺に、初は涙を零します。

本当は一緒にいて欲しかった。

寂しい気持ちを正直に吐露した初を、紺は強く抱き締めるのでした。

初×婚【最新話】26話を無料で先読みするならAmebaマンガ!

ここからは、漫画「初×婚」の最新話を無料でいち早く読む裏ワザについて、紹介します。

いまAmebaマンガでは、無料会員登録でもれなく全員に以下2つの特典をプレゼント中!

  1. 初回1,000ポイント
  2. 100冊まで使える半額クーポン

このポイントを使えば、最新話が掲載されているりぼんが2冊無料!(1冊464円で配信中)

ももか

コミック派の人も気になる続きをすぐに本誌でタダ読みできるから、超~ラッキー!

さらにクーポンを利用すれば、漫画「初×婚」も全巻半額で揃えれちゃいます!

100冊まで利用できるから、ほかに気になっている漫画も今なら全巻半額で購入できるチャンス!

利用期限は72時間なので、登録後すぐの利用がおすすめです。

その他、Amebaマンガのお得なキャンペーンはこちらの通り!

  1. AmebaマンガのLINE登録で、全品10%OFFクーポンを毎週GET。
  2. 月額プランの基本コインが翌月継続時に全額返還で実質ゼロ円!(対象:初購入者or半年以上未購入者)

ここまで初回特典がお得なサービスは、Amebaマンガだけ!

期間は明記されていませんが、いつまでこの特典がついてくるかわからないので、ぜひ今のうちに利用してみてください!

▼最新話を読むならAmebaマンガ▼

初×婚【最新話】26話ネタバレ感想

初の誕生日!そういえば初めて描かれましたね。

紺が実は人の誕生日が苦手だったというのは驚きです。

いつもそつなく熟してしまう紺だからこそ、初を大喜びさせるのかなと思っていましたが意外でしたね。

しかし初の強がりや寂しさに気付いた紺はやっぱり紺でした!

もう二度と初を一人で泣かさないと宣言したところは格好良かったですね。

初も去年とは違って、笑顔の誕生日を迎えることができて本当に良かったです。

以上、「初×婚」26話のネタバレと感想をお送りしました!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


twelve − 9 =

目次
閉じる