痴情の接吻【最新話】28話ネタバレ感想!和華にライバル出現?忍の弟が帰国

2021年4月8日(木)発売のプチコミック5号に掲載されている「痴情の接吻」28話のネタバレと感想をお届けします!

前回は、和華の誕生日パーティが行われました!

忍との仲も順調で、いい付き合いが続いていきそうですね♡

それでは「痴情の接吻」28話のネタバレと感想を、さっそく見ていきましょう!

目次

痴情の接吻【最新話】28話ネタバレあらすじ内容を紹介!

←前回今回次回→
27話28話29話

美少女と抱き合う忍を目撃

ある日、和華が仕事から帰ると、リビングで美少女と抱き合う忍の姿がありました。

女の子に抱き付かれたままの状態で和華に「おかえり」と言う忍ですが、和華は目の前で起こっていることが信じられず呆然としてしまいます。

今日は和華が晩ご飯を作る約束をしており、急いで仕事を済ませて帰ってきたあと。

そんな中で浮気現場にも近い光景を目撃して、内心穏やかでいられませんでした。

忍の弟・響の来日

呆然としている和華を正気に戻したのは、秋休みで帰国していた忍の弟・響でした。

ドイツの学校は二週間ほどの秋休みがあり、今回響が帰国したのは忍へのサプライズ。

その際に一緒に来たのが忍に抱き付いていた美少女で、名前をアンナと言いました。

和華の恋敵出現か

アンナは帰国の理由を忍に会いたかったからだと言います。

それを聞いて動揺してしまった和華ですが、忍は気にも留めません。

アンナは始終忍にべったりで、くっつき抱き付き、しかもそれを邪険にしない忍に和華は胸にもやもやを抱えるのでした。

アンナからのライバル宣言

一応客人扱いになるアンナですが、彼女は和華の家事をよく手伝ってくれます。

にっこり笑うと本当に綺麗な子で、その内面も悪い子ではなさそうと和華は判断。

そんな折りに、アンナは忍が和華という一個人に執着しているのが意外だと言います。

和華が何かを言う前に、アンナはそれでも気にしないとまさかのライバル宣言!

むしろ燃えると和華に笑ってみせたアンナに、忍は咎めることもなくただ笑うだけでした。

アンナは忍が好き!かと思いきや?

アンナは忍がドイツでどれだけモテてきたかを語ります。

それに対し口を挟んだのは響の方で、彼は兄ちゃんがモテるのは当然だと我が事のように自慢。

その上で、和華にもし兄に捨てられるようなことがあったら自分が相手をしてやると言うのでした。

これに突如声を張り上げたのはアンナです。

響が忍の代わりになんかなれるはずがないと激高。

そのまま口論を始めた響とアンナを見て、和華は戸惑いなら忍を盗み見るも、彼は素知らぬ顔でお茶を飲んでいました。

アンナが好きなのは忍ではなく響

アンナは和華の部屋で就寝することになりました。

こちらでも忍の部屋が良かったと言うアンナに、和華は響が好きなのかと質問。

それに対し、アンナは顔を赤くして突然狼狽え始めます。

アンナが好きなのは響だと確信した和華。

今回アンナが響に付いて来たのは、忍に会いに来たわけではなく響が日本の大学を受けると言い始めたからです。

その上、響は忍の恋人である和華が気になっている様子。

居てもたってもいられなくなったアンナは、響の思い人がどんな人なのかを確かめに来たのでした。

アンナの日本観光

忍と和華は響とアンナを観光へ連れ出しました。

二人に着物を着てもらい、浅草周辺を楽しんでもらいます。

和華は、アンナと響の日本で過ごす時間が幸せなものになればいいと思っていました。

そんな中で、和華は二人に人力車に乗ることを提案します。

しかしこれを拒否したのは響で、彼はどうせアンナは忍と乗りたいんだろうと突き放してしまうのでした。

忍とアンナ

売り言葉に買い言葉で、忍を連れ出してしまったことにアンナは後悔します。

忍はアンナが響を好きなことに気付いていました。

響は鈍感だから、アンナからはっきり言わないと気持ちに気付いてもらえないよとアドバイス。

その上で、アンナには是非響を頑張って欲しいと思います。

何故なら響が和華にとっての悪い虫になるのを懸念しており、そういった忍の側面にアンナは呆れるのでした。

素直になるアンナ

人力車でゆっくりと忍と会話したアンナは、響の元へ走って「自分は響と観光がしたい」という思いを伝えます。

そんな二人を遠巻きに見ていた忍と和華ですが、忍はアンナの気持ちがよく分かると呟きました。

忍も和華に、長い間片思いしていた過去があります。

和華との関係を抜きにしても、アンナには頑張って欲しいと思っているのでした。

和華の嫉妬と仲直り

帰宅後、和華はアンナの気持ちに気付いていたのなら教えてくれたら良かったのにと忍に告げます。

それを受けた忍は、嫉妬をする和華が見たくてつい……とニヤけ顔!

それに対し何ともいえない顔をする和華でしたが、和華は昔の自分ならアンナの気持ちに気付かなかっただろうなと思います。

今、自分が忍を思っている気持ち。

そして忍に思われている自分。

この関係があるからこそ気付けた誰かの気持ちに、和華は照れくささを感じるのでした。

痴情の接吻【最新話】28話ネタバレ感想

和華にライバル出現か!と思いきやそんなことにはなりませんでしたね(笑)

アンナと響、若い二人の関係も今後気になるところではあります。

忍と和華の仲の良さには安心するばかりですが、次回予告が不穏でしたね。

この日常が変わることになった、というその真意とは?

二人の関係に何やら次なる障害が起こる予感です!

以上、「痴情の接吻」28話のネタバレと感想をお送りしました!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


four × 2 =

目次
閉じる