Amebaマンガで100冊まで半額クーポン配布中 >>

ラブファントム【最新話】63話ネタバレ感想!慧の視点から百々子の初対面を思い出す!

2021年5月8日(土)発売の「プチコミック」に掲載されている漫画「ラブファントム」63話のネタバレ最新話と感想をお届けします!

前回は、慧と百々子が入籍し、それを報告したところで終わっていましたね。

熱い初夜を過ごし、周囲に祝われながらの新婚生活!

といっても日常は変わりませんが、二人はこれからも愛を育んでいくのでしょう♡

さっそく、「ラブファントム」63話のネタバレと感想を見ていきましょう!

もくじ

ラブファントム【最新話】63話あらすじ内容を紹介!

前回の内容を忘れてしまった方は、こちらから確認頂けます。

怪人・ファントム

長谷慧は、その溢れんばかりの才能から周囲に〝怪人(ファントム)〟と呼ばれていました。

てきぱきと部下に指示を飛ばし、自らも自分の仕事をする。

お客様への対応も笑み一つ崩さず完璧に熟し、バタバタと走り回る部下を尻目に余裕そうな表情ですね。

そんな人外級の完璧具合に部下は男も女もメロメロです!

屋上は慧の休憩スペース

そんな慧が喫煙場所として休憩するのは、きまってホテルの屋上でした。

二月の屋上に人はいません。

休憩するには静かで都合良いですが、寒さが強く客には良くないなと思います。

慧はこの仕事を自分に合っていると思っているし、敬称をもらう程度には評価されている。

ですが少々疲れている自覚もありました。

素直に眠ることもできず、仮眠暮らしも数え切れません。

慧は自分の中で仕事とプライベートの境目が曖昧になり、己のカタチがどこにあるのか分からなくなりそうでした。

平沢百々子の存在

そんな風に屋上で休憩していた慧の耳に、ある女性の声が聞こえます。

その女性は新入社員らしく、屋上で自分の反省点をぶつぶつと呟いていました。

慧はそれを盛大な独り言だなと思いながらも、耳障りがよく丁寧な喋り方にうっかり眠ってしまいそうになります。

そのままひとしきり喋りきり、立ち去っていく彼女の後姿を慧はじっと眺めていました。

年若い新入社員。それも女の子。慧はそんな彼女を『眩しいな』と思うのです。

頑張れるコーヒーの味

翌日、慧は新入社員の履歴書をチェックしていました。

気心知れたチーフマネージャーにコーヒーをついでもらい、眉間の皺を揉む慧です。

自分の疲労を自覚しながらも眺め始めた履歴書に、慧は昨夜の独り言の彼女を見つけました。

名前は平沢百々子。

それを見ながら口に含んだコーヒーは、何故かいつもと違った味を感じます。

慧がチーフマネージャーに豆を変えたか?と尋ねると、彼女は新人に練習がてら淹れさせているだけだと答えました。

そこで慧は、昨夜百々子が屋上で、丁寧にコーヒーを入れていくと決意表明していたのを思い出します。

まさかな……と思いながらも、慧は仕事が頑張れそうな味だなと思うのでした。

屋上で百々子を探す慧

その日も慧は屋上で休憩をしています。

寒いはずなのに来てしまう。家に帰ったのがいつだったかも思い出せないまま、慧は百々子の姿がないかを捜しました。

慧にとって昨日姿を見ただけの百々子の存在は、まるで光があたって影ができるような、自分がここにいることを証明してくれそうな存在でした。

曖昧になっている自分のカタチが分かるよう……

そこまで考えて、慧は自分が相当疲れていることを自覚します。

こんなことを考えるのは〝怪人〟らしくない。

怪人だなんてあべこべだと思っているし、でも同化しているような気さえもする。

一体いつから?それさえも分からない。

今この瞬間、屋上から一歩踏み出せばこの景色とも混ざり合いそうな曖昧さに、慧は思わず目を閉じるのでした。

慧と百々子の出会い

そんな慧の腕を、突然つかんだのは百々子でした。

突然の衝撃に「は?」と思う慧を他所に、振り返ると昨夜の独り言の彼女が心配そうな顔ではやまっちゃダメですよ?と告げます。

光に当たって影ができる。

熱にふれて、そこから自分のカタチをなぞるような感じ。

慌てる彼女に、慧はうっそりと微笑みました。

ずっと一人で曖昧だった自分を、ようやく誰かに見つけてもらった感覚。

慧は長らく忘れていた予感だったと思います。

そしてそのまま、慧が百々子に口付けたところで、漫画「ラブファントム」63話は幕を閉じました。

次回「ラブファントム」64話に続きます。

ラブファントム【最新話】63話を無料で先読みするならAmebaマンガ!

ここからは、漫画「ラブファントム」の最新話を無料でいち早く読む裏ワザについて、紹介します。

いまAmebaマンガでは、無料会員登録でもれなく全員に以下2つの特典をプレゼント中!

  1. 初回1,000ポイント
  2. 100冊まで使える半額クーポン

このポイントを使えば、最新話が掲載されているプチコミックが1冊無料!(1冊509円で配信中)

ももか

コミック派の人も気になる続きをすぐに本誌でタダ読みできるから、超~ラッキー!

さらにクーポンを利用すれば、漫画「ラブファントム」も全巻半額で揃えれちゃいます!

100冊まで利用できるから、ほかに気になっている漫画も今なら全巻半額で購入できるチャンス!

利用期限は72時間なので、登録後すぐの利用がおすすめです。

その他、Amebaマンガのお得なキャンペーンはこちらの通り!

  1. AmebaマンガのLINE登録で、全品10%OFFクーポンを毎週GET。
  2. 月額プランの基本コインが翌月継続時に全額返還で実質ゼロ円!(対象:初購入者or半年以上未購入者)

ここまで初回特典がお得なサービスは、Amebaマンガだけ!

期間は明記されていませんが、いつまでこの特典がついてくるかわからないので、ぜひ今のうちに利用してみてください!

▼最新話を読むならAmebaマンガ▼

ドラマ「ラブファントム」を見るならHulu

2021年5月13日より、Huluでドラマ「ラブファントム」の独占見放題配信がスタート!

  • 14日間の無料お試しキャンペーン実施中!
  • 70,000本以上の動画見放題!
  • いつでも解約OK!

ドラマだけでなく邦画、洋画、アニメなど幅広いジャンルを取り扱っているので、この機会にぜひ充実した時間をお過ごしください!

\ 無料でドラマ見るならHulu /

ラブファントム【最新話】63話ネタバレ感想

懐かしい第一話を慧の目線で読むことができましたね!

ずっと一人で頑張っていた慧を見つけたのが百々子ということでしょうか。

百々子にとって慧との出会いは運命でしたが、逆もそうだったということがよく分かる最新話でしたね!

今回は慧と百々子の最初期の過去編♡

入籍まで済ませた二人を見てからの過去に、何とも言えないトキメキが広がりました!

以上、「ラブファントム」63話のネタバレと感想をお送りしました!

よかったらシェアしてね!
もくじ
閉じる