ラブファントム【最新話】61話ネタバレ感想!ついに迎えたプロポーズ!

2021年3月8日(月)発売のプチコミック4号に掲載されている「ラブファントム」61話のネタバレと感想をお届けします!

初夏にテレビドラマがスタートする「ラブファントム」

来月号よりいよいよ特集がスタートと、キャストや放送日が発表されるみたいです!

長年続いてきた漫画の新たなスタートが見られる一方で、今月の「ラブファントム」は急展開!?

それでは「ラブファントム」61話のネタバレと感想を、さっそく見ていきましょう!

目次

ラブファントム【最新話】61話ネタバレあらすじ内容を紹介!

←前回今回次回→
61話62話

春ひらり

季節は春になりました。

慧は、今度一日休みが合う日に用事に付き合って欲しいと百々に告げます。

何をするのかと問う百々に、母親の墓掃除だと告げる慧。

帰り道にいいレストランがあるからそこで食事をしようと言う慧に対して、百々は楽しみだと顔をほころばせます。

慧を起こす百々

夜勤明けの慧を昼過ぎに起こすのは百々の仕事です。

日頃疲れている慧をこのまま休ませてあげたいと思う百々ですが、次の日のリズムが狂ってしまうと葛藤中(笑)

寝顔はかわいいし起こすのは忍びないわで悶々としながらも、心を鬼にして慧を揺り起こします。

慧に食べられるラブラブな午後♡

何とか慧を起こした百々ですが、そのままベッドに引きずり込まれ軽いキス。

バタバタと慌てる百々を尻目に、慧は寝起きに百々がいるのは最高だと中々手放してくれません。

二人はそのままえっちに突入!

明るい室内。お昼ができているのにと言う百々ですが、慧は後から食べるし今は百々を充電させて欲しいと言います。

そこまで言われては、百々も断る理由はありません。

そのまま慧の首に腕を回し、深い口づけを交わします。

お昼はさくらもち!春を感じ入る

お昼は縁側でさくらもちを頂きます。

舞い散る桜の花びらに春を感じる二人。

慧は、母親の墓は今頃桜が見ごろだろうと告げます。

それに対し、百々はお弁当を作ってお母さまとお花見しましょうと張り切り顔。

百々のこういうところを慧は好きだと思います。

幸せだなと感じる午後に、来年も何度でも、慧は百々と一緒に過ごしたいと言うのでした。

百々が慧にプロポーズ

そんな慧の言葉を聞いて、百々は彼に「わたしと結婚してください」と告げます。

慧が幸せだと言ってくれるなら、自分はそれを守りたい。

絶対慧を幸せにすると意気込みながら語る百々を、慧は力いっぱい抱きしめます。

その後こぼれたのは笑いでした。

まさか百々に先を越されるとは思わなかったと、慧は「やられた」と思うのでした。

慧から百々のプロポーズ

慧は改まって、百々を「平沢百々子さん」と呼びます。

そこからは慧の愛の言葉です。

視界を潤ませながら、それを見た百々も感極まって涙を零しました。

自分を選んでくれてありがとうと言う慧に、そんなのは私もだと百々は泣くのでした。

これからも一緒にいたい。

そう思い合いながら抱きしめるラストに感動しましたね。

ラブファントム【最新話】61話ネタバレ感想

ついにプロポーズ!!!!

長かった!念願でしたね!!

もうほぼ夫婦同然の二人でしたが、ようやく結婚という結末にたどり着けそうでもらい泣きしてしまいました。

慧のことですから、完璧なプロポーズを予想していたもののこれは急展開!

百々の男前加減に全私がスタンディングオベーションです。かっこいいよ百々。

次回は同僚への結婚報告でしょうか?是非結婚式まで描いてもらいたいですね!

以上、「ラブファントム」61話のネタバレと感想をお送りしました!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


twelve − eight =

目次
閉じる