MENU
電子書籍サービスおすすめランキング
【期間限定】プロミスシンデレラが4冊無料+全巻半額詳しく読む

薬屋のひとりごと(ビッグガンガン)【最新話】42話ネタバレ感想!鈴麗との散歩中に謎の女官現る!?

2021年3月25日(木)発売の月刊ビックガンガン4号に掲載されている「薬屋のひとりごと」42話のネタバレと感想をお届けします!

前回は、壬氏の申し出により猫猫が後宮に戻ってきたところで終わっていましたね。

玉葉妃が懐妊したかもしれないということで、改めて後宮付きになった猫猫です。

勝手知ったる翡翠宮で、彼女はこれからどんな活躍をしてくれるのでしょうか?

それでは「薬屋のひとりごと」42話のネタバレと感想を、さっそく見ていきましょう!

目次

薬屋のひとりごと(ビッグガンガン)【最新話】42話ネタバレあらすじ内容を紹介!

一歳半になった鈴麗公主

鈴麗は生後一才半になりました。

最近では一人で走れるようになり、すっかりお転婆になった鈴麗公主です。

猫猫は子どもが好きではありませんが、娼館に売られてきた生意気な子どもたちよりはマシだと面倒を見ている様子。

母親である玉葉妃は、鈴麗の行動範囲を広げてあげたいと思っていました。

普通であれば、公主ほどの立場になると外には出さず内で育てるのが安全。

しかし玉葉妃は柔軟な発想の持ち主であるため、我が子のためになることなら何でもしてあげたいと侍女頭に相談します。

いつも同じ場所でいたら飽きてしまうと言う玉葉妃に、猫猫も戸惑いながら同意するのでした。

鈴麗公主と猫猫の散歩

数日後、侍女頭と侍女、宦官二名を護衛につけるという条件で鈴麗の外出は許可されます。

猫猫はたかが散歩に過保護では?と思いますが、皇帝の子は今まで短命であったため周囲の心配は尽きない様子。

現在妊娠中の玉葉妃はお留守番ということで、鈴麗の散歩には猫猫がついて行くこととなりました。

玉葉妃は、猫猫に花や生き物のことを鈴麗に教えてあげて欲しいと言います。

それに対して侍女頭は、猫猫は碌な事を教えないと進言しますが、玉葉妃は鈴麗もいつどんな場所へ嫁ぐか分からないからと笑います。

薬や毒への知識はあって困らないと言う玉葉妃に、猫猫は呆れながらも頷くのでした。

鈴麗の公主という立場

宦官と侍女を引き連れた公主の姿は、後宮内でも目を引きます。

見た者の反応は様々で、公主だと気付き一歩下がる者、なんとも言えない表情で見つめる者など、それぞれ公主に対する考え方が違います。

猫猫は、鈴麗が初めての場所に戸惑って泣くのではと思っていましたがそれは杞憂に終わりました。

むしろあらゆるものに興味を示し、近寄っていく姿を見て、玉葉妃に似ているなと思うのです。

鈴麗が見つけた野良猫

散歩中、鈴麗は何かに反応するように走り出しました。

侍女頭と猫猫で慌てて追い掛けた先にいたのは、後宮では珍しい野良猫です。

まだ子猫とも呼べるサイズのそれが、鈴麗は欲しくて堪りません。

仕方がなく猫猫が捕まえようと動きますが、警戒心の強い子猫は中々近付いてくれないのでした。

謎の女官が猫猫の前に現れる

子猫への対応に困っていた猫猫の前に、突然見知らぬ女官が現れます。

彼女はひょいっと子猫を抱きかかえて、猫猫にこの子が欲しいのかと笑いかけました。

突然のことに戸惑う猫猫でしたが、気さくな彼女の様子に毒気を抜かれます。

そのまま子猫を受け取った猫猫でしたが、その女官は名前も告げずに去って行ってしまいました。

野良猫は猫猫が医局で預かることに

猫猫が連れて帰ってきた子猫に、鈴麗は大喜びです。

しかし野良猫を公主に触らせるわけにもいかず、一度洗ってからと医局へ連れ帰ろうとする猫猫。

それを見た鈴麗は大泣きでしたが、侍女頭が手慣れた様子で玉葉妃の元へと連れ帰ります。

どこかの妃が持ち込んだ猫ではないのなら、一体どこからこの子猫は迷い込んできたのだろうと猫猫は不思議に思うのでした。

薬屋のひとりごと(ビッグガンガン)【最新話】42話ネタバレ感想

今回は鈴麗公主とのお散歩がメインでしたね!

物語が始まった頃は生まれたばかりの鈴麗でしたが、すっかり大きくなりました。

後宮という場所でこれからどう育っていくのか、楽しみでもあり怖くもあります。

新たに登場した女官も気になりますね!

恐らくは今後の話のキーパーソンになってくるのではないかと思いますが、次なる登場に期待しましょう。

以上、「薬屋のひとりごと」42話のネタバレと感想をお送りしました!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


fourteen + nineteen =

目次
閉じる