君に届け番外編~運命の人~3話ネタバレ感想!栄治とくるみの初デート

別冊マーガレットにて不定期連載中の「君に届け 番外編 ~運命の人~」3話のネタバレと感想をお届けします!

前回は、くるみが栄治に対する気持ちを徐々に自覚していくところで終わりましたね。

遂に栄治を夢に見るようになったくるみです。

是非!このまま栄治にはくるみちゃんを落としてもらいたいところ!

そこから続く「君に届け 番外編 ~運命の人~」3話のネタバレと感想を、さっそく見ていきましょう!

目次

君に届け番外編~運命の人~3話ネタバレあらすじ内容を紹介

←前回今回次回→
2話3話4話

栄治とうまく喋れないくるみ

前回、寝ぼけていた状態で終わったくるみですが、今回はばっちり覚醒!

狸寝入りをして、栄治が去って行く、もしくは爽子が来るのを待っています(笑)

しかしそんな努力は空しく、栄治に騙される形で飛び上がり、彼と対面を果たします。

会いたいと思っていた人ですが、実際に目の前にすると狼狽えてしまうくるみ。

しかし会いたかったときに会いに来てくれた……そんな栄治は魔法使いか王子様なのかな、などと思ってしまうくるみは完全に恋する乙女ですね!

中々栄治とうまく喋れないくるみに、栄治は目の前にくるみがいるにも関わらず電話を掛けます。

どうして!?となるくるみに、栄治は喋る練習だと言いました。

相手を目の前にしながら、一度通話を切ってメッセージでやり取りします。

その中で、栄治はくるみに『次いつにする?』というメッセージを送りました。

次というのは、前回次はくるみが奢るという約束を果たそうとしているのでしょう。

そのメッセージに、くるみは次があるんだ!と内心喜びます。

栄治からのくるみへの評価

くるみと栄治は二人で大学を後にしましたが、この後部屋にでも招いてくれるのかとからかう栄治に、くるみは身体目当て!?と叫んでしまいます。

しかし栄治はじっとくるみの姿を見た後、つるぺただな…と一言(笑)

それに対し、くるみは自分のチャームポイントは鎖骨やくるぶしだと力説します。

どんな絞りきったチャームポイントだよと呆れる栄治でしたが、そんなことを説明しなくてもくるみは可愛いと告げるのでした。

その言葉を、くるみは当然のように受け取ります。

くるみが可愛いのは事実であり、それを自覚してきての今がある。

そう思っていたくるみでしたが、栄治は見た目が可愛くてもただの皮だと言い切りました。

自分がくるみに言う可愛いは、内面の話。

だから体目当てじゃないし、くるみは内面が、見た目がかすむほどに可愛いと告げるのでした。

「くるみちゃん」から「梅ちゃん」へ

くるみはこれまであった栄治とのあれこれを、時折興奮しながら爽子に話します。

くるみは自分で話していながらも落ち着かないようで、そわそわと栄治を意識しっぱなしの様子。

そんな彼女の姿に、爽子はなんとなく『梅ちゃん』と呼び掛けてみるのでした。

くるは爽子の呼び掛けに、自然に反応します。

爽子が会話の折々に何度かそう呼んでも、くるみは全く気付きません。

爽子はそれが堪らなく嬉しくて、くるみに何かあったらいつでも何でも言って欲しいと告げるのでした。

くるみが帰ったあとに、爽子は風早に電話をします。

今日、くるみを名前で呼んでみたこと。

いつもは止めてと言われるのに、一度も言われなかったこと。

恐らく栄治に名前を呼ばれすぎて、本名を呼ばれることに馴染んできたのだろうと。

そんなくるみの姿を見て、爽子は風早に会いたくなるのでした。

栄治との初デート!

くるみと栄治の初デートはGWの初日に行われました。

どこに行くわけでもなく、ショッピングにぶらぶら。

適当に雑貨を見て回るくるみに、栄治は色んなものを見せては好みを尋ねます。

一体何買いに来たのよ、というくるみに、栄治は楽しむために来ただけだと告げました。

その後、開花宣言がされた桜を二人で見て、たまたま出ていた屋台でラムネを買います。

ちなみにこれがくるみの奢り。さすがに金額が釣り合わないと項垂れるくるみに、栄治はじゃあまた誘ってよと笑うのでした。

くるみの自己肯定の低さ

くるみは栄治を『優しい人』と評価します。

最初は意地悪だと思っていたけど、栄治はずっと優しくしてくれる。

そこでくるみは、優しい人は自分のことを好きになんかならないはずだと思いました。

優しい人は、優しい女の子を好きになるんじゃ無いの?

その思いから、くるみは栄治に自分とどうして付き合おうと思ったのか尋ねました。

返事を聞く前に自分の顔かと聞いた行動は、くるみの精一杯の自己防衛です。

自分じゃ無くてもいいはずだ。

他に良い子は沢山いるはずだ。

その考えがくるみの頭いっぱいに広がり、栄治の呼び掛けに答えられません。

しかし栄治は根気よく、くるみに言って聞かせました。

梅は自分を守っているつもりで、何一つ守れていないこと。

自分で自分を攻撃していて、自己肯定が低すぎること。

今までどんな扱われ方してきたんだよという栄治に、くるみは言葉に詰まってしまいます。

栄治が梅を守る

合コンの時。

きもい男に再会した時。

爽子の家で好きな人の話をした時。

どんな時も、くるみは爽子ばかりを守っていたと栄治は言います。

だからこそ、栄治はくるみを守りたいと思っていたのでした。

そのまま涙を流すくるみを見て、栄治はその決意を胸に固めるのです。

君に届け番外編~運命の人~3話ネタバレ感想

はぁ~~~~~くるみちゃん可愛い!

素直になれないくるみちゃん、可愛いですね!

ラストはちょっと私も涙が出ました。

くるみちゃんという殻を被り続けてきた彼女だからこそ、こうなっちゃったのかなって考えさせられますね。

しかしそれを突き破ってくれるのが栄治お兄ちゃんです!

是非このまま、くるみちゃんの心の殻も破ってほしいですね。

以上、「君に届け 番外編 ~運命の人~」3話のネタバレと感想をお送りしました!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


three − one =

目次
閉じる