MENU
電子書籍サービスおすすめランキング
【期間限定】プロミスシンデレラが4冊無料+全巻半額詳しく読む

花野井くんと恋の病【最新話】35話ネタバレと感想!ほたるとしばむーの仲直り!柴村月葉は穂積を諦めない

この記事では、2021年6月24日(木)発売の「デザート」に掲載されている「花野井くんと恋の病」35話のネタバレと感想をお届けしています。

前回のおさらい
  • しばむーに突き放されたほたるときょーちゃん
  • しばむーはめんどくさい
  • さとみと八尾が文化祭に来る
  • しばむーのことを八尾に相談するほたる
  • 八尾はまだほたるが好き
  • 花野井くんがほたるを見つける
  • ほたるのしばむー大作戦
  • 文化祭二日目

そこから続く「花野井くんと恋の病」35話のネタバレと感想を、さっそく紹介していきたいと思います。

目次

花野井くんと恋の病35話のネタバレとあらすじ内容を紹介!

前回の内容を忘れてしまった方は、こちらから確認いただけます。

しばむーの初告白

じばむーこと、柴村月葉が穂積に告白したのは中学1年生のころでした。

そのころの穂積は先生ではなく、月葉の近所に住む大好きなお兄ちゃんだったのです。

月葉は昔から友達付き合いが苦手でした。

自分というものをはっきり持っているからこそ、自分と他人の境界が曖昧なほかの子どもたちと上手く関係が結べません。

しかし穂積は、月葉の行動をいつも「お前の自由だ」と認めてくれていました。

そういう意味でも、穂積の傍は昔から居心地がよかったのです。

穂積と月葉は8歳差

月葉にとって、穂積の隣は静かで居心地の良い場所でした。

冷たいようで優しく、月葉は中学1年の時に穂積が彼女と別れたと知って告白します。

自分ならもっと穂積を幸せにする。

そう言う月葉に穂積は驚きましたが、彼は「子どもと恋愛はしない」と言って月葉をフるのでした。

しかし月葉はめげません。

自分と穂積は8歳差ですが、月葉の両親は7歳差でした。

だから今フラれてしまうのは仕方がないけれど、あと10年も経てば恋愛対象になると言います。

今だけ子どもなことを理由に土俵に上がれないのは不公平。

どう月葉は言いますが、穂積は何度説得しても頷いてくれないのでした。

穂積は先生を辞める

文化祭中、立ち入り禁止の場所を見回りにきた穂積を早川が追いかけてきました。

早川は穂積の教員仲間です。

穂積の退職の件が噂になったのは早川が口走ってしまったせいらしく、彼女はそれを申し訳なさそうに謝るのでした。

穂積はそれに対し、気にしないようにと首を振ります。

自分がただ転職するという話だけに、早川を巻き込んだことを申し訳ないと言うのでした。

穂積の結婚話はデマ

穂積は自分の転職話に結婚だなんて噂が付いたことに驚きます。

それは完全なデマらしいですが、早川は穂積に今付き合っている人はいないのかと尋ねました。

早川は穂積に想いを寄せているらしく、さりげなく聞き出しますが穂積は環境の変化を理由に「向こう4、5年は彼女を作るつもりはない」と断言するのでした。

打ちのめされた早川はそのまま逃げるように退室。

一人残された穂積はそんな早川に困ったような顔を浮かべながらも、その後の職務を全うしようと部屋を見回るのでした。

そしてそこに見つけたのは、猫の着ぐるみを着た人物です。

穂積はうちのクラスの奴だろうとその人物に近寄り、着ぐるみの頭をむしり取るのでした。

着ぐるみの中にいたのは月葉

着ぐるみを着ていたのは月葉でした。

真っ赤な顔をしている月葉を見て、穂積は唖然。

月葉は必死に違うのだと弁解します。

予定より景品がなくなるのが早いから、高ポイントのチェシャ猫はしばらくここで隠れていてと、ほたるに言われてそこに居たのだと言います。

そこで月葉は、自分がほたるに騙されたことを知りました。

そして穂積も、自分にここを見回るよう言ったのがほたるの彼氏である花野井くんであることを思い出します。

穂積と月葉の会話

お互いに騙されたことを知った二人でしたが、先に大笑いしたのは穂積でした。

こんな月葉は久しぶりに見たと、穂積は彼女に向き直ります。

そして何か聞きたいことがあるんだろう?と言う穂積に、月葉は戸惑いながら教員を辞めるのは本当かと問いかけました。

穂積は知り合いから新しい事業に誘われたのだと言います。

あっさり教えていいのかと言う月葉に、穂積は「月葉だからな」と告げるのでした。

加えて穂積は、月葉がそれ以外に悩んでいることに気づきます。

たまには先生らしいことがしたい。

そう告げる穂積に、月葉は泣き出しそうな顔で「私、友達にひどいこと言った」と言うのでした。

月葉にとってのほたると響

月葉がほたるや響と仲良くなったのは偶然でした。

穂積が先生になったと聞いて、追いかけるようにして穂積の学校へ進学した月葉。

穂積のちょっと引いた顔を見て冷静になった月葉は、この学校で改めて頑張ろうと意気込みます。

そんなときに出会ったのがほたると響でした。

ほたるは優しい子だけれど深入りしない、そんなところが穂積に似ていました。

響は奔放に見えて気遣い屋で、共感は求めるものの無理強いしません。

そんな二人といるのが、月葉はいつの間にか自然で楽しいものになっていたのです。

穂積のアドバイスと仲直り

月葉は穂積に、二人と喧嘩したことを打ち明けます。

不安に沈む月葉をゆっくりと諭した穂積。

月葉はそれを受けて、ほたると響の元へと駆け出しました。

そうして月葉は、自分の思っていることを二人に告白。

泣きながらほたると響が大好きだと告げ、三人で泣きながら仲直りするのでした。

月葉は穂積を諦めない

そんな三人を、穂積は教室から見下ろしています。

するとふと穂積を見上げた月葉が、何か口パクで伝えていますが穂積にはそれが分かりません。

しかしジェスチャーで読み取れたことを紐解くと、『5年たったら、私22歳』であることに気づいた穂積。

彼は「めげない奴」と、月葉を見て笑うのでした。

文化祭はこれから

場面は変わって、花野井もほたるたちが上手くいったことを悟ります。

文化祭はまだまだこれからだと、学生の行事にそれぞれが楽しみを見出すのでした。

花野井くんと恋の病【最新話】を無料で読むならコミック.jp

「コミック.jp」なら花野井くんと恋の病の最新話が完全無料で読めます!

  • 30日間の無料お試しキャンペーン実施中!
  • 登録後に初回1,350ポイントがもらえる。
  • ポイントを使って漫画2冊無料!
  • 退会後も漫画が読めるから、いつでも解約OK!

花野井くんと恋の病の最新話をイラスト付きで読みたいなら、こちらからぜひ無料で確認してください!

花野井くん読むならコミック.jp /

花野井くんと恋の病35話ネタバレの感想

しばむー良かったねえええ!!

今回はしばむーこと月葉の過去回とこれからでした。

穂積のことが昔から好きだった月葉でしたが、今後も諦めずにいられそうで安心です。

また穂積も、予想よりずっと月葉のことを見て考えていてくれましたね。

ひとまず今回でしばむーの恋は完結。

次回からは全員の文化祭風景が描かれることになりそうです!

以上、「花野井くんと恋の病」35話のネタバレ感想をお送りしました!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


3 × three =

目次
閉じる